診療のご案内

診療科目・診療時間

整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・骨粗しょう症

診療時間 日祝
9:00〜12:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 休診
16:00〜19:00 診療 診療 休診 診療 診療 休診 休診

初めて受診される方へ

初めて受診される時には
下記のものをご持参ください。

  1. ITEMS健康保険
    毎月確認させていただきます。ご面倒ですがその都度ご持参ください。
  2. ITEMS検査結果・紹介状
    他の医療機関で検査を受けられた場合は、その検査結果をできるだけお持ちください。また紹介状をお持ちの場合は必ずご持参ください。
  3. ITEMSお薬手帳
    他の医療機関でお薬を処方されている場合には、できればお薬手帳か薬自体をご持参ください。
問診票ダウンロード

問診票はご来院前にご記入いただくこともできます。当日ご持参ください。

主な診療内容

こんな症状やケガ・病気で
お悩みの方はご相談ください。

  • 一般整形外科
  • リハビリテーション
  • 骨粗
    しょう症
  • 交通事故
    ・労災
  • スポーツ
    障害
  • リウマチ科

一般整形外科

  • 骨折
  • ねんざ
  • 打撲
  • 切り傷
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 膝の痛み
  • 関節リウマチ
  • 変形性関節症
  • 骨粗しょう症

整形外科で扱う疾患は多岐にわたります。
一般に四肢および体幹の外科と言われていますが、背骨、手、足など全身の運動器官の病気や外傷(ケガ)を専門としています。

腰痛や肩こり、膝の痛みなど日常誰でも経験する病気から、骨折、捻挫、打撲、切り傷などよく見られる外傷(ケガ)、関節リウマチや加齢に伴う変形性関節症などの慢性疾患、それと近年問題となっている骨粗鬆症の診断治療を行います。

単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目標としています。それぞれの疾患に対してわかりやすい説明を行い、診断治療を行います。

レントゲン装置
「主な診療内容」に戻る

リハビリテーション科

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 手足のしびれ
  • 膝の痛み
  • 肩の痛み
  • 神経痛
  • 靭帯損傷
  • 骨折

痛めた部位の機能を取り戻し、元の生活に戻っていけるようにするのがリハビリテーションです。腰痛、肩こり、神経痛、靭帯損傷、骨折など、整形外科で扱う疾患に対して、当院では理学療法士、柔道整復師によるリハビリを行っています。

個々の関節・筋肉等の機能を改善させるだけでなく、体全体としての機能を回復させることを目標とします。

温熱治療、頚椎・腰椎牽引治療、干渉低周波治療、ハドマー(エアトン)治療、レーザー治療等機器を利用して治療を行います。

リハビリ室
リハビリ機器の詳しい紹介はこちら 「主な診療内容」に戻る

骨粗しょう症

当クリニックでは骨密度をより正確に測定し、最善の骨密度治療を患者様に提供できますよう腰椎部や股関節のそばにある大腿骨頸部の骨密度が測定可能な最新鋭の骨密度測定装置を導入し、骨粗しょう症の診断と治療にあたります。

「主な診療内容」に戻る

交通事故・労災

  • 交通事故のケガ
  • 仕事中や通勤途中のケガ
交通事故

当クリニックでは、交通事故でケガをされた患者様の診断・治療やリハビリテーションを行っています。
当初搬送された病院への通院が不便な場合、当クリニックへの転院も可能です。しっかりと治療を引き継ぎ、計画的に診療を行います。

後遺障害診断書については、医師の診断結果はもとより、自覚症状や検査結果なども詳しく記載し、正確で適正な診断書を作成いたします。
交通事故治療やリハビリは、当クリニックへお気軽にご相談ください。

労災

当クリニックは労災保険指定医療機関です。
制度に準じて患者様に負担なく治療に専念していただけるよう努めております。
必要に応じ、労災制度に関する専門家のご紹介も行っております。

業務中のケガは、症状と原因の因果関係を明確にしておく点からも、早期の受診をおすすめします。退院後のリハビリのみをご希望の場合も、入院先の医療機関と連携を取りながらリハビリをサポートしております。
お困りのことや不安なことなど、何でもお気軽にご相談ください。

「主な診療内容」に戻る

スポーツ障害

  • スポーツによるケガ全般

学校の部活や趣味、競技スポーツによるケガや故障などに対し、機能改善・回復のための治療を行って参ります。

「主な診療内容」に戻る

リウマチ科

  • 関節痛
  • 手足のこわばり

関節リウマチは、手や足の関節が腫れて痛み、朝のこわばり等も見られ、手足が動かしづらくなってきます。関節リウマチの原因はまだはっきりわかっていませんが、最近のリウマチ治療に対する研究は眼を見張るものがあり、診断治療は日々新しくなっています。

新しい薬が使われるようになり、早期にリウマチの寛解状態(治ったのと同じ状態)を維持できるようになりました。いろいろな薬の組み合わせが ありますが、できるだけ新しい知見を学会・研究会等で取り入れ、患者さまの診断治療に生かしています。血液検査を行い、抗リウマチ薬の副作用やリウマチの活動性をチェックしながら治療を行います。

「主な診療内容」に戻る

自費診療

  • プラセンタ注射
  • ニンニク注射
  • 美白・白玉点滴
  • アンチエイジング点滴
詳しくはこちら